あすみが丘(千葉県千葉市緑区)


asumigaoka (1).jpg



あすみが丘は、千葉県千葉市緑区の東部に位置するニュータウンです。千葉市のなかでも南東部にあり、東京都心から約45キロ離れています。周辺は緑豊かな山林が残されており、酪農や養豚場が点在する環境です。あすみが丘の開発は、1986年に東急不動産が中心となって土地区画整理事業で行われました。総面積約313ヘクタールと民間の土地区画整理事業としては国内最大級の規模で、「豊かな暮らしを楽しめる街づくり」を基本理念に街がつくられました。街ニュータウン内には、東急グループ系の商業施設を出店させたり、コミュニティセンターの建設譲渡、開業医の誘致が行われ、この街の新しいライフスタイルが築かれています。街並みは美しく、1992年に都市景観大賞「都市景観100選」を受賞。1994年に、あすみ大通りが「新・日本街路樹100景」を受賞。また、千葉市優秀建築賞を最寄駅の「土気(とけ)駅」、駅前商業施設「バーズモール」、コミュニティセンター「土気あすみが丘プラザ」で受賞しています。



あすみが丘のキーワード
1.多様な住宅形態 2.ホタル 3.ワンハンドレッドヒルズ




あすみが丘MAP




あすみが丘の利便性



asumigaoka (14).JPG
<優秀建築賞を受賞した土気駅舎。ステンドグラスが美しい。>




asumigaoka (5).jpg
<開放的な土気駅前のバーズモール。>



生活の利便性:★★★★


あすみが丘での日常生活は、街の中で完結します。土気駅を出て最初に目に入るのが、東急グループ系の商業施設「バーズモール」です。各店舗の入口が屋外に面しており、商店街を意識した造りをしています。バーズモールのほか、街の中心部にも「ブランニューモール」という商業施設があります。ブランニューモールは、大型スーパーマーケットやホームセンターがあり、郊外型のショッピングモールを思わせる造りです。これら商業施設の他にも、金融機関や病院、各種ロードサイド店に個人のパン屋さんなどが揃い、街の中は活気があります。ニュータウンとしては、充実の買い物環境といえそうです。
欠点はやはり交通面でしょう。あすみが丘は、最寄駅となるJR外房線土気(とけ)駅を北端に南側へ街が伸びており、南端から駅まではバスで10分ほどかかります。街の中には高低差があるので、徒歩や自転車は大変そうです。また、土気(とけ)駅から千葉の中心部まで普通電車で20分かかります。東京へは、その倍以上の時間を要します。東京や横浜方面へ直通する快速電車が走っていることが救いでしょう。土気駅は、かつて普通電車のみが止まる駅でしたが、現在は通勤時間帯に有料特急電車も止まる利便性の高い駅に昇格しています。


あすみが丘の街並み



asumigaoka (19).JPG
<あすみが丘の一般的な街並み。>




asumigaoka (7).jpg
<ニュータウンらしくない多種多様な街並み。>




asumigaoka (18).JPG
<画一的な街並みもある。>




asumigaoka (9).jpg
<あすみが丘三丁目。賃貸アパートが多い。>




asumigaoka (15).JPG
<駅の近くは高低差が激しい。開発前の面影を感じられる。>




asumigaoka (16).JPG
<極一部だが、タイル張りの道路がある。>




asumigaoka (32).JPG
<あすみが丘南部は手付かずの山林が近い。>




asumigaoka (34).JPG
<立派な植栽を持つ住宅が多い。どこも綺麗に剪定されている。>




asumigaoka (36).JPG
<緑に包まれた街並み。鳥のさえずりが聴こえる。>




asumigaoka (10).jpg
<大規模な集合住宅もある。敷地を贅沢に使った広場や植栽が印象的。>




asumigaoka (20).JPG
<幹線道路は直線的で広々。交通量はそれほど多くはなく運転がしやすい。>



あすみが丘の失敗

あすみが丘の開発前から、土気駅周辺では市街地が形成されていました。開発に伴い、不動産会社が土地を買い上げようとしましたが、複数の地権者がいたため調整が難航。その結果、土地区画整理事業として街を開発することになりました。
複数の地権者がいたことで、駅周辺では商業ビルや店舗、あすみが丘二丁目、三丁目付近はアパートなどが建てられ、街の活性化に繋がりました。4車線の大通りが3本も通っているのも、街を丸ごと整える区画整理事業だからできたことでしょう。一方で、あすみが丘には街全体が対象となる地区計画や建築協定が結ばれませんでした。このようなルールを定めるには、地権者全員の同意が必要だからです。美しい街並みは、住民同士の善意と希望で築いてきたと言っても過言ではないでしょう。
変化が起きたのは1996年。あすみが丘の南部、住宅街の中にパチンコ店が開店したのです。本来この区画は、3つ目のショッピングセンター用地のはずでした。バブル崩壊によって商業施設の誘致が難しくなり、切羽詰まった地権者がとった選択といわれています。当然、住民にとっては寝耳に水。周辺住民の98パーセントがパチンコ店の出店に反対し、複数の自治会が「反対する会」を組織。2万人の反対署名を集め、市に陳情するなどの活動が行われました。しかしながら、ルール上問題がないため出店は阻止できませんでした。
あすみが丘では、現在も街全体が対象となるルールはありません。同じような騒動が繰り返される可能性はあります。これが教訓となってか、現在開発が進められている「あすみが丘東」では分譲前から地区計画が定められています。





asumigaoka (38).JPG
<高級住宅街の奥に、パチンコ店の赤い建物が見える。>



美しい街並み:★★★★


あすみが丘には数多くの顔があります。一般的な住宅街では、明るめの色を用いた洋風の住宅が多い印象です。煙突が付いている住宅もあり、街並みを華やかに飾っています。ニュータウンといえば画一的な街並みを思い描く人が多いですが、あすみが丘は個性豊かな住宅で溢れています。この背景として、あすみが丘の分譲開始と都心回帰の風潮が重なったことが挙げられます。都心への人気が高まる中、郊外と田舎の狭間に位置するあすみが丘では、思うように分譲が進みませんでした。そこでとられた戦略が、少量多種の分譲住宅です。さまざまな種類の住宅を建てることでニッチな需要を集め、街がつくられていきました。ある意味、あすみが丘はニュータウンの集合体ですね。


あすみが丘の自然



asumigaoka (3).jpg
<昭和の森公園の芝生広場。1989年、日本の都市公園100選に選定された。>




asumigaoka (11).jpg
<あけぼの通り。威風堂々たる巨木が並ぶ。>




asumigaoka (33).JPG
<ブランニューモールから住宅街へ伸びる歩行者用の緑道。>




asumigaoka (12).jpg
<緑道は、奥地に進むほど緑が濃くなる。>




asumigaoka (17).JPG
<あすみが丘四丁目。農園や生産緑地が残っている。>




asumigaoka (13).jpg
<あすみが丘の周辺は山林が多い。この先に水辺の郷公園がある。>



緑豊かな自然:★★★★★


あすみが丘の東側には、千葉県内でも有数の規模を誇る昭和の森公園があります。面積は約106ヘクタール、東京ドーム23個分の広さで、南北の長さは2.3キロもあります。園内は、太平洋が望める展望台、アスレチック、サイクリングコース、テニスコート、キャンプ場、ユースホテルなどがあり、1日いても飽きない充実した設備が整っています。遠方からレジャーに来る人もいるほどで、そんな公園を散歩コースとして使えるあすみが丘の住民は羨ましい限りです。
あすみが丘は水がきれいで、ホタルも生息しています。昭和の森内に保存されている谷戸や、その近くにある水辺の郷公園で、見ることができます。ニュータウンでホタルが生息しているところは、なかなかありません。東京から離れている分、豊かな自然を満喫できます。
街の中には、創造の杜という大型公園をはじめ、児童公園が均等に配置されています。また、街の中心部のブランニューモールからは、歩行者用の緑道が真っ直ぐ南へ通っています。ニュータウンの緑道は閑古鳥が鳴いているところが多いですが、あすみが丘の緑道は通行人が多いです。ちょうど買い物時間に重なったこともあるでしょう。なるべく人を写さないよう撮影するのに苦労しました。東急の街づくりは、人の流れを掴むのが上手いですね。南部の住宅街からショッピングモールまで、車道を利用すると遠回りになるよう区画設計されています。


あすみが丘の必見ポイント



asumigaoka (21).JPG
<理想の郊外都市といった趣。>




asumigaoka (2).jpg
<個性豊かな住宅が並ぶ。>




asumigaoka (26).JPG
<豪邸が建ち並ぶワンハンドレッドヒルズ。>




asumigaoka (22).JPG
<左から大型戸建住宅、マンション、ワンハンドレッドヒルズが並ぶ。>



必見ポイント:★★★★★


あすみが丘は、東急グループによる街づくりの代表例に数えられ、第二の田園都市とも言われています。街の魅力は、美しく豪快な街並みです。広々とした大通り、個性豊かな住宅、背後に控える山々。理想的なニュータウンの姿が、ここにあります。
そんなあすみが丘ですが、所得やライフスタイルに合わせた住まいを探せる特徴があります。アパートから大豪邸まで、一つの街にあるのです。同じような世代や身分が集まる従来のニュータウンとは違い、あすみが丘には社会の縮図のような世界が広がっています。(大豪邸の街区「ワンハンドレッドヒルズ」と「プレステージ」については、補足ページをご覧ください。)
今後、日本で大規模なニュータウンが開発される可能性は低いです。あすみが丘のようなダイナミックな街は、もう出来ないかもしれません。

ワンハンドレッドヒルズ・プレステージ街区の補足ページ


あすみが丘の評価





あすみが丘の評価結果
生活の利便性★★★★
美しい街並み★★★★
緑豊かな自然★★★★★
必見ポイント★★★★★
総合評価★★★★★




あすみが丘は、各項目のバランスが良く、質も高いニュータウンです。ワンハンドレッドヒルズ街区は、あすみが丘の象徴である一方で、バブルの後遺症ともいわれ街のイメージダウンにも繋がっています。この街区をどのようにコントロールするかで、街の魅力も変わるでしょう。
現在は「あすみが丘東」が分譲されています。この街は昭和の森により近く、美術館が立地するなど文化的な雰囲気が漂いつつあります。あすみが丘と一体感がある街づくりに期待したいところです。

ワンハンドレッドヒルズ・プレステージ街区の補足ページ



あすみが丘の不動産物件


準備中。




あすみが丘と似たような街


準備中。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。