ライブ長池(東京都八王子市)

ライブ長池 (1).jpg


ライブ長池は、東京都八王子市の東部に位置するニュータウンです。長池という住所はなく、「別所」という名前がついています。
ライブ長池は、多摩ニュータウンの第12・13住区にあたります。多摩ニュータウンの中では比較的新しい街で、1990年以降にUR都市機構と東京都によって開発されました。「雑木林や山野草が似合う住環境の形成」をコンセプトに、「自然に感じられる緑地」を大切にした設計になっています。緑地との調和は高く評価されており、2001年には都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」を受賞。また、1995年と2012年に緑の都市賞を受賞しています。



ライブ長池のキーワード
1.長池見附橋 2.長池公園 3.せせらぎ




ライブ長池MAP




ライブ長池の利便性


ライブ長池 (10).JPG
<都会的な様相を呈する南大沢駅周辺。>



ライブ長池 (6).JPG
<町会の自治会館ハーモニーホール。お洒落で景観にも配慮した外観。>



生活の利便性:★★★★


ライブ長池の街は京王相模原線の京王堀之内駅を核として造られていますが、南大沢駅も利用しやすい立地です。商業施設は両駅前にあり、日常の買い物は便利そうです。南大沢駅には三井アウトレットパークがあり、周辺地域の商業集積地として成長しています。近年では、ライブ長池南部の幹線道路沿いに「ぐりーんうぉーく多摩」という大規模商業施設がつくられ、注目を集めています。
交通は、新宿駅へ直通で行ける立地で、とくに不自由は感じません。南大沢駅の2駅先にある橋本駅には、リニア中央新幹線の乗換駅が設置計画されており、名古屋方面へ大幅なアクセス改善が期待されています。


ライブ長池の街並み


ライブ長池 (18).jpg
<長池中央住宅地の街並み。エヌ・シティ東というブランド名がある。>



ライブ長池 (5).JPG
<緩やかな曲線を描く道路。奥行きのある空間が感じられる。>



ライブ長池 (17).jpg
<住宅街の交差点。タイルもポールもシンプルで美しい。>



ライブ長池 (7).JPG
<長池中央住宅地の路地。植栽によって統一感がある街並みに仕上がっている。>



ライブ長池 (14).jpg
<こちらは、エヌ・シティ西地区。同じ構造でも雰囲気は異なる。>



ライブ長池 (19).jpg
<住宅と道路の間に緑地帯がある。狭く密集しているようにも感じてしまう。>



ライブ長池 (20).jpg
<別所公園に隣接した別所南住宅地。住宅下のガレージが印象的。>



ライブ長池 (15).jpg
<デザインにこだわりが見られる都営団地。>



ライブ長池 (2).JPG
<低層で出窓がある団地。>



ライブ長池 (4).JPG
<街を一周するバス通り。コミュニティコレクターリング道路という名前がついている。>



ライブ長池 (3).JPG
<ロードサイド店が並ぶ幹線道路。>



美しい街並み:★★★★★


ライブ長池は、多摩ニュータウン先行開発地の住民の声を活かして開発されました。団地のイメージが強い多摩ニュータウンですが、持家志向の高まりから開発基本方針が改定され戸建住宅街も造成されています。そのうちの一つ、長池中央住宅地は開発前の地形を活かした街で、なだらかな丘陵地にあります。曲線を描く道路が特徴的で、広がりがある街並みをつくり出しています。また、宅地と道路の間には草木が生えるスペースがあり、昔日の多摩丘陵の姿を自然に感じられるようになっています。集合住宅のデザインも工夫が見られ、都営団地に見えない外観をしています。色合いも華やかさを出しつつ、周囲の緑に溶け込んでいます。全体的に景観に配慮した建物が多く、多摩ニュータウンでも随一の美しい街並みを形成しているといえます。


ライブ長池の自然


ライブ長池 (21).jpg
<長池公園。園内には二つの池がある。>



ライブ長池 (22).jpg
<長池公園から京王堀之内駅へ続く「せせらぎ緑道」>



ライブ長池 (12).jpg
<開発前の地形が残る別所公園。広い芝生に住宅街が隣接し、欧米のような雰囲気。>



ライブ長池 (8).JPG
<街の中にある農園。雨水を利用したポンプもある。>



緑豊かな自然:★★★★★


ライブ長池には、多摩ニュータウン最大の自然環境保全地区である長池公園があります。この公園は「里山文化の継承と創造」を目的につくられ、田んぼや水車小屋があるほか、タヌキやノウサギなどの野生動物が生息しています。また、公園内の池からは小川が流れ、それに沿って「せせらぎ緑道」という遊歩道がつくられています。他にも、街中には別所公園や蓮生寺公園など昔の地形を活かした公園があり、自然を身近に味わえます。
街の周辺は南側一帯が山林のまま残されています。山林の中には横浜を流れる鶴見川の源泉があり、透き通った水がこんこんと湧き出ています。きれいな水に恵まれた自然環境は羨ましいですね。


ライブ長池の必見ポイント


ライブ長池 (13).jpg
<優雅な雰囲気が漂う長池見附橋。>



ライブ長池 (16).jpg
<公園や住宅街の横を流れるせせらぎ。>



ライブ長池 (11).jpg
<せせらぎの音が心地よい。水質はきれいで小魚も泳いでいる。>



ライブ長池 (9).JPG
<安全面やバリアフリーに配慮した街並み。>



必見ポイント:★★★★★


ライブ長池で最も印象的な建物が、長池見附橋です。長池見附橋は、今から約100年前に東京四谷で架けられていた「四谷見附橋」を移築保存したもので、ネオ・バロック様式の美しい姿は八王子八十八景に選ばれています。新しいものが多いニュータウンでは、このような文化財は貴重な存在です。重厚感がある造りとその歴史によって、街にゆとりが感じられます。橋の向かいには、結婚式場とチャペルがあり、まるでヨーロッパの田舎町のような雰囲気です。
この長池見附橋の下を流れる川が、せせらぎ緑道の小川です。開発前に存在した小川が再現されたもので、長池公園から京王堀之内駅にかけて流れています。せせらぎの音を聞きながら散歩が楽しめ、別荘地に来ている気分が味わえます。


ライブ長池の評価





ライブ長池の評価結果
生活の利便性★★★★
美しい街並み★★★★★
緑豊かな自然★★★★★
必見ポイント★★★★★
総合評価★★★★★




ライブ長池は、利便性、美しい街並み、自然環境が揃った、ニュータウンの見本のような街です。加えて、長池見附橋という街のシンボルもあり、橋の写真を撮りに来る方もいます。このように散策したくなるニュータウンというのは珍しいですね。完成度が非常に高い街ですが、そのわりのはブランド力がないように感じます。今後、ライブ長池のブランドを、どのように育てていくか注目ですね。



ライブ長池の不動産物件


準備中。




ライブ長池と似たような街


準備中。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。