ニュータウン探訪記へようこそ!
このサイトは全国各地のニュータウンを紹介するサイトです。住みたい街といわれるような美しい街並みの写真を掲載しています。管理人独自の指標による街の格付け評価もあります。各ニュータウンのページは、右側メニューの「ニュータウン一覧」からご覧いただけます。どうぞごゆっくりお楽しみください。

ニュータウン探訪記ライン.png

地図から探す


準備中

ニュータウン探訪記ライン.png

評価別ニュータウン一覧


準備中

ニュータウン探訪記ライン.png

新着情報

―2014年6月22日―
多摩ニュータウン・唐木田(多摩市)を公開しました。
―2014年2月1日―
旧サイトみやこえらびのURLを変更しました。
―2013年11月18日―
松が丘(所沢市)を公開しました。
―2013年11月17日―
ライブ長池(八王子市)を公開しました。
―2013年11月10日―
成田ニュータウン(成田市)を公開しました。
―2013年11月4日―
舞浜(浦安市)を公開しました。
―2013年10月10日―
プレオープンしました。
旧サイトのコンテンツをリニューアルし、移転作業を進めています。

ニュータウン探訪記ライン.png

松が丘(埼玉県所沢市)

松が丘 (1).jpg


松が丘は、埼玉県所沢市の南部に位置するニュータウンです。ニュータウンの南側は、東京都東村山市に面しています。所沢市には西武グループの本社があり、周辺は西武グループによる都市開発が盛んです。松が丘から近い多摩湖付近では、西武園遊園地や西武ドームがつくられ、関東有数のレジャースポットとして賑わっています。
松が丘も西武グループによる開発です。1981年、山に挟まれた田畑が造成され、総面積約57ヘクタールのニュータウンになりました。「地域の自然環境を尊重した開発」をコンセプトに、緑豊かな住環境が形成されています。街の景観も美しく、1989年に「さいたま景観賞」を受賞。また、1999年には日本で初めて「環境共生住宅団地」の一つに認定されました。



松が丘のキーワード
1.林間住宅 2.トトロ 3.街そだて憲章




松が丘MAP




松が丘の利便性


松が丘 (10).JPG
<松が丘の西側。西武園の隣接地にスーパーがある。>



松が丘 (11).JPG
<西武園駅。平日は閑散としている。>



生活の利便性:★★★★★


松が丘には商店がありません。見落としただけかもしれませんが、自動販売機も見当たりませんでした。本当に純粋な住宅街なのです。最も近い商店は、街の東側入口にあるコンビニ、または西側入口にあるスーパーになるでしょう。また、所沢駅に行けば西武百貨店もあります。なんだかんだで、利便性は悪くなさそうです。ニュータウン内には、所沢駅と西武園駅を結ぶバスが走っています。西武園駅は、松が丘の西端から500メートルほどの距離なので、徒歩で行くこともできます。所沢駅と比べて電車の本数は少なく、東京都心へ直通しませんが、歩いていけるのは便利ですね。


松が丘の街並み


松が丘 (8).JPG
<松が丘の一般的な街並み。>



松が丘 (5).JPG
<広告看板など景観を害するものはない。>



松が丘 (12).jpg
<和を感じる落ち着いた街並み。擁壁の上にあるレンガが上手く調和している。>



松が丘 (14).jpg
<林間住宅区画。広い敷地に大きな家と木々が茂る。>



松が丘 (15).jpg
<松が丘の西側。新しい住宅が多い。>



松が丘 (16).jpg
<東側より植栽が充実しているように見える。>



松が丘 (9).JPG
<路地に入っても植栽が多い。>



松が丘 (7).JPG
<松が丘の北側には浄水場がある。この車道は浄水場手前で通行止めになっている。>



松が丘 (3).JPG
<擁壁の間に歩行者用の緑道が確保されている。>



松が丘 (6).JPG
<幹線道路。交通量は少なく静か。>



美しい街並み:★★★★


松が丘は低層の住宅街で、マンションや団地はありません。初期に分譲された街の東側は築年数の古い建物が多く、西側へ行くほど新しい建物が増えていきます。また、保全緑地に面した住宅区画は、林間住宅に指定されています。林間住宅の敷地内は木々が生い茂り、別荘地のような雰囲気です。道路は十字路がなく、丁字路もしくは立体交差するよう設計されています。全体的に交通量が少なく、また住民以外の自動二輪車は通行が禁止され、静かな環境が保たれています。住環境が気にする人には、せひオススメしたいニュータウンです。


松が丘の自然


松が丘 (13).jpg
<都立八国山緑地。狭山丘陵の東端に位置し、コナラやクヌギなどの森林が広がっている。>



松が丘 (22).jpg
<街の中にある大谷公園。林間を彷彿とさせる園内。>



松が丘 (21).jpg
<松が丘の北東部。既存市街には田畑が多い。>



松が丘 (20).jpg
<歩行者の導線を考慮してつくられた緑道。>



松が丘 (23).jpg
<擁壁の間にも緑道があり、通路が確保されている。>



緑豊かな自然:★★★★★


松が丘の北側には、森林保存を目的とした鳩峰公園やトトロのふるさと基金が管理している「トトロの森」があります。また、南側には「となりのトトロ」の舞台とされる都立八国山緑地があります。この都立八国山緑地には、松が丘の住宅街横を通る約2キロの尾根道が整備されています。手ぶらで歩いている人や、犬の散歩をしている人は、周辺の住民でしょうか。気軽に散歩やウォーキングが楽しめ、自然を満喫できそうです。これら周辺の自然環境が、松が丘の魅力といえます。


松が丘の必見ポイント


松が丘 (18).jpg
<林間住宅。右側は都立八国山緑地。>



松が丘 (4).JPG
<松が丘一丁目。背後にトトロの森が見える。>



松が丘 (17).jpg
<松が丘二丁目。背後に都立八国山緑地が見える。>



松が丘 (19).jpg
<丘の上の住宅からは所沢市街が見える。>



松が丘 (2).JPG
<街の東側入口。ちょっとしたゲートになっている。>



必見ポイント:★★★★★


松が丘の開発にあたっては、環境保護団体からの反対があったそうです。これを踏まえ、埼玉県と協議した結果生まれたのが、林間住宅です。林間住宅は周囲の森に面した場所にあり、宅地内に多くの樹木を残すことで緩衝地帯の役割を持たせています。また、地区計画により最低敷地面積が270平方メートルと定められ、一区画の敷地が非常に広くとられています。他のニュータウンでは見られない環境保護の方法ですね。離れて見ると、森林と住宅の境が混ざり合い、調和しているように感じます。松が丘の宅地面積の約15パーセントは、この林間住宅にあたります。
松が丘では地区計画に加え、より具体的な決まりを定めた「街そだて憲章」があります。憲章により、敷地面積の20パーセント以上を緑化し、郷土にあった植栽を植えるなどの目標が掲げられています。林間住宅に限らず、街全体で緑豊かな環境が維持されています。


松が丘の評価





松が丘の評価結果
生活の利便性★★★★★
美しい街並み★★★★
緑豊かな自然★★★★★
必見ポイント★★★★★
総合評価★★★★




松が丘は、緑豊かな自然と住環境が魅力の街です。利便性が悪そうに見えますが、実際に訪ねてみると、あまり気になりませんでした。街並みに関しては、電柱類が目立ちます。林間住宅は無駐化されていますが、一般住宅は特に考慮されていないようです。住宅や植栽がきれいなだけに、ちょっと残念でした。



松が丘の不動産物件


準備中。




松が丘と似たような街


準備中。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。