ニュータウン探訪記へようこそ!
このサイトは全国各地のニュータウンを紹介するサイトです。住みたい街といわれるような美しい街並みの写真を掲載しています。管理人独自の指標による街の格付け評価もあります。各ニュータウンのページは、右側メニューの「ニュータウン一覧」からご覧いただけます。どうぞごゆっくりお楽しみください。

ニュータウン探訪記ライン.png

地図から探す


準備中

ニュータウン探訪記ライン.png

評価別ニュータウン一覧


準備中

ニュータウン探訪記ライン.png

新着情報

―2014年6月22日―
多摩ニュータウン・唐木田(多摩市)を公開しました。
―2014年2月1日―
旧サイトみやこえらびのURLを変更しました。
―2013年11月18日―
松が丘(所沢市)を公開しました。
―2013年11月17日―
ライブ長池(八王子市)を公開しました。
―2013年11月10日―
成田ニュータウン(成田市)を公開しました。
―2013年11月4日―
舞浜(浦安市)を公開しました。
―2013年10月10日―
プレオープンしました。
旧サイトのコンテンツをリニューアルし、移転作業を進めています。

ニュータウン探訪記ライン.png

舞浜(千葉県浦安市)

舞浜 (1).JPG


舞浜は、千葉県浦安市の西部に位置するニュータウンです。浦安市の「中町」と呼ばれる第一期埋立地の一部を形成しています。舞浜という地名は、アメリカ・フロリダ州のディズニーリゾートがある都市「マイアミビーチ」から考え出され、また「舞を舞いたくなるような楽しい浜辺」にするという願いが込められています。埋め立て事業は1975年に完了し、現在の舞浜二丁目および三丁目で、京成電鉄と三井不動産による宅地開発が進められました。それぞれの街は「京成ローズタウン」と「パークシティアベニュー舞浜」として1979年から分譲を開始しています。ニュータウン周辺では、1983年の東京ディズニーランド開業、1988年のJR京葉線開通と目まぐるしい発展を遂げ、これに伴い舞浜のブランド価値も向上しました。しかし、2011年の東日本大震災によりニュータウン内で液状化被害が発生。埋立地のリスクを見せつけられることになりました。
管理人が舞浜を訪ねたとき、一部復旧作業が手付かずの場所がありました。他のニュータウンとの整合を考え、震災被害は特集ページ(予定)で取り扱い、本ページでは通常の街の様子を掲載・評価しています。



舞浜のキーワード
1.三角屋根 2.緑の壁 3.レンガ




舞浜MAP




舞浜の利便性


舞浜 (2).JPG
<舞浜駅北口。ディズニーランド側とは対照的で、人通りが少ない。>



舞浜 (25).JPG
<舞浜大橋から舞浜二丁目を望む。周辺は何もなく、埋立地であることを実感する。>



生活の利便性:★★★★★


舞浜は東京都区部に隣接し、交通面では極めて便利な立地です。街には舞浜駅があり、ほとんどの住宅から歩いて行けます。湾岸道路や首都高速道路の浦安インターがあり、道路環境も恵まれています。一つ残念なのは、買い物環境です。住宅街の中にスーパーなどなく、大通り沿いにコンビニが一軒あるのみです。舞浜駅北口は駐輪場と空地が広がっており、ディズニーランドがある南口と比べると、そのギャップに唖然とします。南口には「イクスピアリ」という商業施設がありますが、日常の買い物利用としては使いづらいでしょう。


舞浜の街並み


舞浜 (5).JPG
<舞浜二丁目の一般的な街並み。>



舞浜 (17).JPG
<舞浜二丁目。震災の影響か新築をちらほら見かける。>



舞浜 (18).JPG
<三角屋根の街並み。舞浜の象徴的な景観。>



舞浜 (8).JPG
<舞浜三丁目。明るい色合いの住宅が多い。>



舞浜 (14).JPG
<舞浜三丁目の塀は黄土色のレンガが使われている。二丁目より華やかな雰囲気。>



舞浜 (7).JPG
<舞浜三丁目の中心部。一部、タイル張りの道路になっている。>



舞浜 (12).JPG
<舞浜三丁目。末端の路地でも街灯がついている。>



舞浜 (23).JPG
<京成ローズタウン唯一の集合住宅、舞浜コートハウス団地。>



舞浜 (21).JPG
<お洒落な外観の舞浜コートハウス。3階建てで戸建住宅と調和している。>



舞浜 (15).JPG
<バス通り沿いの生垣。通り沿いに住宅の玄関は設けられていない。>



舞浜 (19).JPG
<準幹線道路。地域の特性上、通過車両はほとんどない。>



美しい街並み:★★★★


舞浜の戸建住宅は、イギリス伝統様式チューダー様式を元にデザインされました。勾配がある大きな屋根を持ち、外壁に太い柱や梁を浮き表しています。また、舞浜二丁目では赤いレンガが、舞浜三丁目では黄土色のレンガが塀や玄関周りに使われました。これにより、一つ一つの家に個性がありながらも、一体感がある街並みに仕上がりました。1982年に落成した舞浜コートハウスの区画も、周囲と同じ赤レンガを用いて植栽スペースを設置しています。戸建区画との調和が感じられ素晴らしいですね。


舞浜の自然


舞浜 (22).JPG
<舞浜の西側を流れる旧江戸川。散歩する市民が行き交う。>



舞浜 (6).JPG
<舞浜の北側を流れる見明川。浦安市では親水護岸の整備を計画している。>



舞浜 (20).JPG
<舞浜小学校に隣接する舞浜公園。訪問時、ベンチが隠れるほど雑草が伸びていた。>



舞浜 (11).JPG
<細長い公園。住宅街と大通りを隔てる緩衝地としての役割もある。>



舞浜 (9).JPG
<住宅街横の大通りと京葉線の高架橋。防音壁が設置されている。>



舞浜 (24).JPG
<大通りと住宅街を隔てる緑の壁。>



舞浜 (4).JPG
<首都高速道路に沿って弧を描く緑の壁。>



舞浜 (3).JPG
<舞浜周辺の大通り。路上駐車のトラックが多い。>



舞浜 (26).JPG
<舞浜の隣にある葛西臨海公園。自転車なら10分ほどで着く。>



緑豊かな自然:★★★★★


舞浜は工業団地に近く、大型トラックが行き交う埋立地。舞浜駅北口を見たときに湧いた、ここは人の住むところか?という疑念が最後まで晴れませんでした。
住宅街には、外周部に公園や緑地があります。それは、住環境を守る目的で存在しているようで、人と自然が触れ合えるコンセプトで設置されていません。ゲーテッドコミュニティの壁に近い存在です。地域の特性上、仕方がないことですが、なんだか寂しいですね。憩いの場として利用できる緑地が、ほしいところです。
周辺に手付かずの自然はありません。しかし、大きな都市公園があります。舞浜南東に位置する浦安市運動公園と、南西に位置する葛西臨海公園です。施設が充実しており、スポーツや休日のレジャーで使えます。ノビノビ過ごせる環境は、恵まれているといえるでしょう。


舞浜の必見ポイント


舞浜 (10).JPG
<舞浜三丁目。周辺とは一線を画す高級住宅街。>



舞浜 (13).JPG
<舞浜三丁目。街のステータスを上げるシンボル住宅。>



舞浜 (16).JPG
<舞浜二丁目。装飾としても美しい赤レンガの塀。>



必見ポイント:★★★★★


舞浜の特徴は、高級感ある街並み。一般的な建売り分譲と違い、一つ一つの住宅は個性的です。シンボルとなる豪邸もあり、街を優雅な雰囲気に引き立てています。統一アイテムのレンガも必見ポイント。時が流れるにつれて赤レンガが味わい深くなりました。成長した植栽と合わせて経年美を感じます。


舞浜の評価





舞浜の評価結果
生活の利便性★★★★★
美しい街並み★★★★
緑豊かな自然★★★★★
必見ポイント★★★★★
総合評価★★★★★




舞浜は住環境が大きな失点。ニュータウン内を湾岸道路と首都高速道路が横切ります。換気扇にフィルターをつけたら、すぐに黒くなりそうです。身近な憩いの場がないところも残念です。一方で、交通の利便性は優れています。駅徒歩圏というのも魅力的。舞浜は低層のニュータウンですが、機能的には都市型のニュータウンですね。



舞浜の不動産物件


準備中。




舞浜と似たような街


準備中。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。