ニュータウン探訪記へようこそ!
このサイトは全国各地のニュータウンを紹介するサイトです。住みたい街といわれるような美しい街並みの写真を掲載しています。管理人独自の指標による街の格付け評価もあります。各ニュータウンのページは、右側メニューの「ニュータウン一覧」からご覧いただけます。どうぞごゆっくりお楽しみください。

ニュータウン探訪記ライン.png

地図から探す


準備中

ニュータウン探訪記ライン.png

評価別ニュータウン一覧


準備中

ニュータウン探訪記ライン.png

新着情報

―2014年6月22日―
多摩ニュータウン・唐木田(多摩市)を公開しました。
―2014年2月1日―
旧サイトみやこえらびのURLを変更しました。
―2013年11月18日―
松が丘(所沢市)を公開しました。
―2013年11月17日―
ライブ長池(八王子市)を公開しました。
―2013年11月10日―
成田ニュータウン(成田市)を公開しました。
―2013年11月4日―
舞浜(浦安市)を公開しました。
―2013年10月10日―
プレオープンしました。
旧サイトのコンテンツをリニューアルし、移転作業を進めています。

ニュータウン探訪記ライン.png

成田ニュータウン(千葉県成田市)

成田ニュータウン (1).jpg


成田ニュータウンは千葉県成田市の西部に位置するニュータウンです。成田ニュータウンという住所はなく、中台、加良部、赤坂、橋賀台、吾妻、玉造という地名がついています。
成田ニュータウンは、成田国際空港の建設決定に伴い空港関連従事者や移転住民を受け入れるため計画されました。成田駅近くの田畑や山林が開発され、1971年に千葉県企業庁によって分譲されています。開発総面積は約487ヘクタールと日本有数の規模を誇り、そのほとんどは社宅などの集合住宅となる予定でした。しかし、空港拡張計画の遅れから計画人口が見直され、後に戸建住宅中心の街づくりへ移行しています。現在の成田ニュータウンはすっかり成熟し、成田市の中心市街の一部として発展しています。



成田ニュータウンのキーワード
1.歩行者専用道路 2.成田湯川駅 3.ボンベルタ




成田ニュータウンMAP




成田ニュータウンの利便性



成田ニュータウン (5).jpg
<成田ニュータウン赤坂地区。印旛地域で唯一の百貨店、ボンベルタ成田がある。>




成田ニュータウン (14).JPG
<成田駅西口。約1キロ先に成田ニュータウンがある。>




成田ニュータウン (28).JPG
<吾妻地区の商店街。ロードサイド店とは対照的で寂れている。>



生活の利便性:★★★★★


成田ニュータウンは9地区から構成されています。中心に位置する赤坂地区は、百貨店や各金融機関、図書館、郵便局などがあり、日常に必要な生活基盤が整っています。他の8地区は、小学校の学区ごとに分けられ、それぞれに商店、個人医院区画があります。また、赤坂地区から離れた地区には、郵便局と図書館の分室も置かれています。このほかにもニュータウン内には、警察署や税務署などの行政機関が立地していおり、既存市街のような充実した都市インフラが特徴といえます。
最寄駅はJR成田線成田駅および京成本線京成成田駅で、東京、横浜方面へ直通する快速電車のほか、通勤時間帯には有料特急電車が止まる利便性の高い駅です。2010年には、ニュータウン北部に成田スカイアクセス線の成田湯川駅が開業し、東京都心までの時間が飛躍的に短縮されました。従来は空港関連従事者向けの街でしたが、今後は東京方面へ通勤も便利な街として、さらなる発展が期待されています。


成田ニュータウンの街並み



成田ニュータウン (25).JPG
<バスサービス街路。内側と外側で街並みが変わる。>




成田ニュータウン (6).jpg
<公務員住宅。外観は普通の団地と変わらない。>




成田ニュータウン (2).jpg
<玉造地区。駅から離れた場所でも、集合住宅が建ち並ぶ。>




成田ニュータウン (22).JPG
<中台地区。背後に築浅のマンションが見える。>




成田ニュータウン (7).jpg
<中台地区。初期に分譲された地区で、広々とした住宅が多い。>




成田ニュータウン (8).jpg
<中台地区。植栽がきれいに剪定された住宅が並ぶ。>




成田ニュータウン (27).JPG
<柿の木がある街並み。>




成田ニュータウン (26).JPG
<古さを感じる吾妻地区の交差点。>




成田ニュータウン (19).JPG
<新しい分譲住宅。成田湯川駅に近い。>




成田ニュータウン (11).jpg
<成田駅西口から伸びる通り。歩行者専用道路の歩道橋が横切る。>



美しい街並み:★★★★★


成田ニュータウンは南北に長く、「バスサービス街路」と呼ばれる環状道路の内側に集合住宅、外側に戸建住宅が広がっています。集合住宅のほとんどは、公務員用住宅や空港関連企業の社宅、県営住宅です。近年では、駅から近い住宅がマンションなどに変わりつつあります。戸建住宅は落ち着いた和風建築で瓦屋根の家が多く、なかには柿の木が植えられた住宅もいくつか見られます。全体的に懐かしい街並みですが、建て替えられた住宅や新しい分譲区画もあり、世代交代の波を感じさせます。定期的に新しい物件が販売されており、今なお根強い人気がある街であることが伺えます。


成田ニュータウンの自然



成田ニュータウン (3).jpg
<成田ニュータウン中心部にある赤坂公園。>




成田ニュータウン (12).jpg
<歩行者専用道路の銀杏。街中には美しい並木が多い。>




成田ニュータウン (16).JPG
<戸崎公園。造成前の地形を残している。>




成田ニュータウン (13).jpg
<成田ニュータウンの周辺。豊かな山林が残る場所。>




成田ニュータウン (24).JPG
<成田ニュータウンの周辺。駅から近く、賃貸住宅が点在する。>



緑豊かな自然:★★★★


街の中には児童公園が均等に設置されているほか、中心部には赤坂公園という大きな公園があります。この赤坂公園は、百貨店や図書館に隣接し、寄り道にちょうどいい立地です。人が集まる中心部に大きな公園が置かれていることが、大規模ニュータウンの魅力でしょう。他にも、野球場やプール、全国大会も行える陸上競技場を持つ中台運動公園も隣接地にあり、スポーツ環境も万全です。
ニュータウンの周辺は山林や田畑が残っており、手付かずの自然を身近に感じられます。また、この地域には古墳が多く、成田ニュータウン内には39基の古墳が保存されています。古墳マップも整備されており、気軽に散策が楽しめます。


成田ニュータウンの必見ポイント



成田ニュータウン (4).jpg
<立体交差する歩行者専用道路。>




成田ニュータウン (21).JPG
<歩行者専用道路。トンネルによる立体交差。>




成田ニュータウン (15).JPG
<歩行者専用道路。並木による分離帯。>




成田ニュータウン (23).JPG
<建て替えが盛んな場所でも、歩行者専用道路では残されている。>




成田ニュータウン (20).JPG
<歩行者専用道路沿いの街並み。>




成田ニュータウン (9).jpg
<蛇行するバスサービス街路。>




成田ニュータウン (17).JPG
<バスサービス街路沿いの街並み。>




成田ニュータウン (10).jpg
<あちらこちらで見られる緑道。>




成田ニュータウン (18).JPG
<古いニュータウンだから出せる経年美もある。>



必見ポイント:★★★★


成田ニュータウンは、歩行者専用道路を地区全体で導入した街です。造成当時、問題となっていた交通事故の増加に対応すべく誕生しました。歩行者専用道路は、ニュータウンを一周するように整備され、道沿いには学校や商業施設を設置されています。また、中央に分離帯がある珍しい構造で、自転車も快適に走れます。自動車が走る道路とは、陸橋やトンネルで立体交差されていて安全です。
歩行者専用道路と並行して走るのが、バスサービス街路という環状道路です。バスサービス街路は、一般道路として使われていますが、元々はバス専用道路として計画されました。その名残があり、道路は意図的に蛇行され、スピードを出しづらい設計になっています。一方で、街の中にバス停をまんべんなく設置でき、どの家からもバスを利用しやすい街になっています。ニュータウン内のあちらこちらで見られる緑道は、歩行者の移動を考えてつくられたもので、バスサービス街路に設置されたバス停へ行きやすいよう設置されています。


成田ニュータウンの評価





吉川きよみ野の評価結果
生活の利便性★★★★★
美しい街並み★★★★★
緑豊かな自然★★★★
必見ポイント★★★★
総合評価★★★★




成田ニュータウンの歩車分離は、徹底されています。近年造成されたニュータウンでは、ほとんど見られない特殊な街並みです。
探訪前は、飛行機の騒音を心配しましたが、現地ではほとんど気になりませんでした。百貨店や行政機関など、充実した都市インフラがあり、交通の利便性にこだわらなければ魅力的なニュータウンです。成熟した街の恩恵を、思う増分受けられるでしょう。



成田ニュータウンの不動産物件


準備中。




成田ニュータウンと似たような街


準備中。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。